FX取引の基本を知ろう

FXでは株など少しだけ、取引方法が変わります。株などは銘柄を保有することで資産になりますし、まずは買うことから始めるものだと思います。しかしFXは、売買が1セットとなっているのです。売る値段と買う値段の差額が利益になります。


FXは売ることから始めることもできる

FXと株を比較すると違うことが非常にたくさん出てくるのですが、中でも大きく違うのが、売り買いで1セットという点になるかと思います。FXでは価値の低いときに買う、高いときには売ることで利益を確定するのですが、利益が高いものはまず売る、そして価値が下がったときに買いなおすという方法で利益を算出することもできるのです。


決済方法もたくさんある

FXでは新しい売買を行ったとき、利益を確定させて市場を終了するときに、決済を行います。この方法もレートを指定する方法や、決済の手続き後に利益などがわかる方法など分かれています。現在は自動売買システム(シストレ)を使って取引を行う人も多いため、注文方法、決済方法ともに新しい方法が増加しているそうです。利用する会社や口座などでも変わってくるそうですから、最初の口座選びはしっかりと勉強してから行うといいでしょう。

Category(s): FX 比較

Comments are closed.