FXの利益は税金がかかるの?

FXでは一定以上の利益が出ると、税金がかかることとなります。申告分離課税というものがかかるそうです。一律で20.315パーセントがかかります。これは各自で確定申告を行うことになるそうです。多くの場合はFX業者から決済の報告書などをもらって行いますが、3年間は損益通算という、マイナスとプラス分を合算できるそうです。


FXの損益通算ってなに?

FXでは3年間に渡った損益通算ができますが、これは最初の年から3年間で、FXで得た利益と損益を、合わせて計算できるというものです。例えば最初の年に150万円のマイナスで一年間の取引を終えます。翌年に利益が20万円出たとしても、昨年150万円の損をしていますよね?この計算をすると、まだ130万円もマイナスなのです。このように3年間はマイナスが出た分の補てんは課税対象とならないというものです。ただし、翌年に200万円のプラスがあればもちろん50万円分は課税対象です。


決済が終わっていない取引はどうなるの?

FXでは24時間為替が動きますが、まだ決済をしていない、利益を確定していない取引の課税に関しては、口座で大きく変わるそうです。スワップ金利だけに課税される会社、為替の利益とどちらにも課税される会社とありますから、税金のことを視野にいれて口座を比較して選ぶようにしましょう。

Category(s): FX 比較

Comments are closed.