FXのレバレッジ規制ってなあに?

FXではてこの原理を利用して、預けている証拠金以上お金を動かすことができます。これをレバレッジと呼んでいて、過去は規制がなかったことから、何百倍ものお金を動かすことができました。日本の金融庁は、このレバレッジで多額の借金を背負う人などが出たことを見て、レバレッジの上限を決める規制に踏み出したそうです。


FXは25倍までと決まった

FXで高いレバレッジをかけることを、ハイレバなどと呼んでいます。最初に投資するお金が少ない人にとって、大きな金額を動かして大きな利益にすることが可能だったハイレバの設定は一部の投資家に大きなダメージを与えたと考える人も多く、今まで大きなリスクがあっても取引を行っていた人には不評だったとも言われています。ただしこれは個人投資家に限った規制となっているため、法人名義で投資をする場合には、対象外となるそうです。また個人投資家でも、日本の口座が規制対象となっていることから、海外に口座を作って高いレバレッジをかけられる口座を比較して選び、お金を動かす人もいると言われています。


ハイリスク、ハイリターンの投資法

通常のレバレッジでは5倍程度などと聞いたことがあるので、200倍などハイレバと呼ばれる数字だと、非常に大きな違いが出ます。しかし、レバレッジが大きいと証拠金以上のマイナスになる可能性も高くなりますし、利益の分、マイナスになるものも大きくなるので、ロスカットなどのリスクヘッジを行い、ハイリスクであることを充分あたまにとどめて取引を行うようにしましょう。

Category(s): FX 比較

Comments are closed.