FXのスワップ金利ってなに?

FXは自分が保有してまだ決済を行っていない通貨に対して、一日毎に金利が出ます。この金利のことをスワップ金利やスワップポイントなどと呼んでいるのですが、この金利で儲けを出すという取引方法が人気なのだそうです。


FXの金利ってなんなの?

FXで運用するのは、外貨です。外貨はペアになっていて、ある国の通貨と別の国の通貨になっています。人気の高いものはペアで売られていることもあるそうです。金利差額の儲けは、金利が低い通貨を早くに売り、金利が高い通貨を購入すると、この2つの通貨の金利差額が利益になるという考え方です。各国の通貨の金利パーセンテージの差が利益になると考えたらいいでしょう。一日ごとに、市場のクローズと同時に金利は発生するので365日、差額分の利益が出ると考えます。通常のFX取引と比較すると利益分は少しだけ小さいそうです。


毎日あるから、小さな利益が重なる

金利で利益に結び付ける場合には、ニューヨーク市場のクローズした後になります。たった5秒でもクローズ前に買った通貨には必ず通貨に金利が発生する仕組みとなっていますから、この時間帯を狙う投資家も多いそうです。また日本時間の木曜日の朝まで持ち越したものは、3日分(2日間のお休みを挟む分)のポイントもつくので利益を大きくしやすいと考えられています。

Category(s): FX 比較

Comments are closed.