FXと投信信託を比較してみよう

FXの名前は投資に興味がない人でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。FXの歴史は他の投資と比較すると、実は歴史が浅いのです。ほんの10年くらいしかありません。ではこのたった10年でここまでの人気を得ることが出来たのでしょうか。
それはFXの仕組みにあったのです。


FXの魅力

FXの人気がここまであがった大きな理由は、利便性の高さにあります。この利便性の高さとは、投資家にとってとても大事な問題です。
投資家にもいろいろ種類があります。投資をメインにして生計を立てている人。
ちゃんとした職業があって、投資は副業として行っている人。この二種類です。
投資をメインに生活している人は、主に株式投資を行っているケースがほとんどです。なぜなら、株式投資はとても利益を上げるには、適している投資だからです。それに数ある投資の中でも歴史が長く、最もポピュラーな投資だからです。
しかし株式投資の弱点は、何といっても時間的制約を受けることです。株式投資は取引できる時間が決まっています。その決められた時間の中で取引をしなければいけないので、サラリーマンにはとても厳しいですよね。仕事中に頻繁にスマホをチェックすることはできませんから。それに土日は市場が開いていないので取引することが出来ません。つまり株式投資は、生活をすべてこの投資に合わせなければいけないので利便性はかなり低いです。
一方FXは、24時間365日いつでも取引することが出来ます。これが一番に人気がでた理由ではないでしょうか。当初のFXはあまりイメージがよくありませんでした。
その理由は、レバレッジという制度です。このレバレッジという制度で、大きな損失を負ってしまった。こんなネットの口コミも多くありました。しかし今は、FXをしっかりと理解している人が増えたので、こうしたイメージもだんだんと薄れてきたのでしょう。
株式投資と比較しても、FXは時間的制約を受けないので副業に向いている投資です。
また少額からでも始めることが出来るので、学生や主婦の参加者も多く増えました。


投資信託と比較して

株式投資は、投資未経験者にあまり向かない投資だという事は分かっていただけたと思います。では投資信託はどうでしょうか。FXは初心者でも気軽に参加することが出来るとは思うけど、もちろん取引をするには知識が必要。だから投資信託の方が投資未経験者にとっては向いているのではないか。こんな風に考える人もいるかと思います。
たしかに投資信託は、プロが代わりに運用してくれるので金融の知識が一切なくても大丈夫です。しかし投資信託を行っている人は数年前に比べると、少なくなっています。
その理由は二つあります。一つは多くの資本金が必要であること。二つ目は、プロが運用しても設けることは難しい。この二つになります。
投資信託を行うには、少なくても50万円の資本金が必要になります。この金額を学生や主婦が出すのは難しいと思います。もちろん投資信託も、元本が保証されているわけではないので、少しお金はない人にはリスクが高いです。
二つ目の、プロが運用しても必ずしも利益を上げることはできない。投資のプロといっても完璧に市場の流れを読むことはできません。負けて損失を負ってしまう事もあります。特に現代はリーマンショックで金融市場が不安定です。今はプロでも初心者でも、勝率に大差はありません。
こういった理由からも、投資信託は人気が下がっているわけです。
FXと投資信託を比較してみても、FXが初心者に人気がでる理由が分かっていただけたと思います。さらに、今では多くの取引会社が手数料0円に設定しています。
もしあなたが、投資に興味を持っているなら、ぜひFXにチャレンジしてみてください。
国際問題にも詳しくなれるし、金融事情も学ぶことが出来ますよ。

Category(s): FX 比較

Comments are closed.