FXはリスクをしっかり管理しよう

FXでは初心者でも取引を開始しやすい理由に、レバレッジ大きく取ることで、証拠金が少なくても大きな金額のトレードができるというものがあります。これは儲けだけが大きくなるのではなく、マイナスが出た場合には、マイナス分も大きくなってしまいます。そこで大切なのが、リスク管理です。


FXで利用できるリスク管理アイテムは?

FX口座はいろいろありますが、口座のサポートなどを比較しても多くの口座に、ストップロス、強制ロスカットと呼ばれるものがあります。これは証拠金以上のマイナスが出た場合や、自分が設定している金額以上のマイナスが出てしまったときに、取引を自動的に終了させてしまうものです。FXの場合は、相場が動き続けるものですから、ずっと張り付いて売り買いを行える人は多くないでしょう。そのため、マイナスが出たときの管理は非常に大切なのだそうです。


自動売買などもシステムを利用する

これは自分で決めた値段になったら外貨を買う、決まった値段で売るという自動売買をシステムに行ってもらうものです。シストレなどと呼ばれていて、自分の感情を挟むことなく、売り買いのタイミングを逃さない方法として、初心者に非常にいいと言われています。投資では機械的に数字を読むことが、儲けへのもっとも近い道とも言われることがあるそうですから、システムトレードで管理をしつつ、相場をチェックして自分でも売買する人は多いかもしれません。

関連リンク・・・・初心者におすすめのFX比較サイト(http://www.internoise2012.com)

Posted in FX 比較

FXと投信信託を比較してみよう

FXの名前は投資に興味がない人でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。FXの歴史は他の投資と比較すると、実は歴史が浅いのです。ほんの10年くらいしかありません。ではこのたった10年でここまでの人気を得ることが出来たのでしょうか。
それはFXの仕組みにあったのです。


FXの魅力

FXの人気がここまであがった大きな理由は、利便性の高さにあります。この利便性の高さとは、投資家にとってとても大事な問題です。
投資家にもいろいろ種類があります。投資をメインにして生計を立てている人。
ちゃんとした職業があって、投資は副業として行っている人。この二種類です。
投資をメインに生活している人は、主に株式投資を行っているケースがほとんどです。なぜなら、株式投資はとても利益を上げるには、適している投資だからです。それに数ある投資の中でも歴史が長く、最もポピュラーな投資だからです。
しかし株式投資の弱点は、何といっても時間的制約を受けることです。株式投資は取引できる時間が決まっています。その決められた時間の中で取引をしなければいけないので、サラリーマンにはとても厳しいですよね。仕事中に頻繁にスマホをチェックすることはできませんから。それに土日は市場が開いていないので取引することが出来ません。つまり株式投資は、生活をすべてこの投資に合わせなければいけないので利便性はかなり低いです。
一方FXは、24時間365日いつでも取引することが出来ます。これが一番に人気がでた理由ではないでしょうか。当初のFXはあまりイメージがよくありませんでした。
その理由は、レバレッジという制度です。このレバレッジという制度で、大きな損失を負ってしまった。こんなネットの口コミも多くありました。しかし今は、FXをしっかりと理解している人が増えたので、こうしたイメージもだんだんと薄れてきたのでしょう。
株式投資と比較しても、FXは時間的制約を受けないので副業に向いている投資です。
また少額からでも始めることが出来るので、学生や主婦の参加者も多く増えました。


投資信託と比較して

株式投資は、投資未経験者にあまり向かない投資だという事は分かっていただけたと思います。では投資信託はどうでしょうか。FXは初心者でも気軽に参加することが出来るとは思うけど、もちろん取引をするには知識が必要。だから投資信託の方が投資未経験者にとっては向いているのではないか。こんな風に考える人もいるかと思います。
たしかに投資信託は、プロが代わりに運用してくれるので金融の知識が一切なくても大丈夫です。しかし投資信託を行っている人は数年前に比べると、少なくなっています。
その理由は二つあります。一つは多くの資本金が必要であること。二つ目は、プロが運用しても設けることは難しい。この二つになります。
投資信託を行うには、少なくても50万円の資本金が必要になります。この金額を学生や主婦が出すのは難しいと思います。もちろん投資信託も、元本が保証されているわけではないので、少しお金はない人にはリスクが高いです。
二つ目の、プロが運用しても必ずしも利益を上げることはできない。投資のプロといっても完璧に市場の流れを読むことはできません。負けて損失を負ってしまう事もあります。特に現代はリーマンショックで金融市場が不安定です。今はプロでも初心者でも、勝率に大差はありません。
こういった理由からも、投資信託は人気が下がっているわけです。
FXと投資信託を比較してみても、FXが初心者に人気がでる理由が分かっていただけたと思います。さらに、今では多くの取引会社が手数料0円に設定しています。
もしあなたが、投資に興味を持っているなら、ぜひFXにチャレンジしてみてください。
国際問題にも詳しくなれるし、金融事情も学ぶことが出来ますよ。

Posted in FX 比較

損失に対処してくれるFX会社を選んでみる

FXに夢中になってしまうと、損失が出ているのにもかかわらず取り引きを続けてしまったり、ストップをかけ忘れてしまったりすることがあります。
大きな損失が出てからでは後の祭りなので、それを事前に防いでくれるサービスを利用したいですよね。
しかし、そのサービスの充実度は、実はFX会社によって結構違ってくるのです。
大損しないために、比較するべき点をまとめてみました。


FXのマージンコール機能がある会社がいい

マージンコールというのは、投資額の50%以上の損失が出ると判断された場合、それを投資家に知らせてくれるメールサービスのことです。
損益の判断をFX会社側がしてくれて、危険だと思ったらすぐに知らせてくれるのです。
これを利用すると、為替に熱中しているときでも冷静に自分の状況を鑑みることができます。
ついついのめりこんでしまう傾向のある人はぜひ利用しましょう。


ロスカットはFXに絶対必要

投資額の80%以上の損失が出ると判断された場合、強制的に取り引きを終了させるのがロスカットです。
この機能を採用しているFX会社はたくさんありますが、まれに使用していない会社もあるので注意しましょう。
ロスカットは、特に大きなお金を運用している人には絶対に利用してほしい機能です。
各会社にどのような安全ネットがあるのかを調べて、十分だと思ったところでFXを行ってください。

Posted in FX 比較

FX業者をシステムトレードで比較する

FXにはシステムトレードというものがあり、これは取引の決済をシステムが行ってくれるというものです。これならば感情や気分に左右されることなく、システムによる決済なので冷静な目線を失わず取引を行うことができます。
初心者の方は無理せずこのシステムトレードを利用した取引を行うことで、結果的に取引成功率が上がるかもしれませんよね。
このシステムトレードのシステムの種類もさまざまあるので比較したうえで選んでいきましょう。


システムトレード対応しているFX業者を比較しよう

システムトレードに対応している会社もどんどん増えています。一口にシステムトレードといってもそのシステムは様々です。自分で構築するシステムもあればほとんど選択するだけで稼働して24時間取引をおこなってくれるシステムもあります。
もし自分にプログラミングの知識と技術があるなら自分でシステムを作ってみるのもいいですよね。ですが慣れるまではあらかじめ組んであるシステムを利用するのをおすすめします。


口コミを見てみよう

システムトレード利用者も多くいますからシステムトレードでFX取引を行っている人の実際の意見を見てみることは大切です。それを見て会社を比較してから選びましょう。

Posted in FX 比較

FXの初心者でも忘れてはいけないもの

FXの初心者でも忘れてはいけないことがあります。その忘れてはいけないこととは、確定申告です。FXで得た利益はある条件に合致すると確定申告が必要になってきます。年間では損失ばかりだから関係ないと思っていても確定申告は必要な場合があるので初心者の方でもしっかりと理解しておきましょう。


<確定申告の対象になる人>

まず、確定申告が必要な人はFXで20万円を超える利益が出た会社員、38万円を超える利益が出た主婦や学生、フリーターや年金をもらっている人になります。申告する際には雑所得として申告する必要があるので忘れずに申告をしましょう。

そして、損失を出した人でも確定申告をしたほうがいい人もいます。損失を出した人が確定申告をすると3年間の繰り越し控除をうけることができますし、先物取引などで出した損失と通算して損失計算をすることができるからです。

FXの初心者でも、年間の利益が一定の基準額を超えた場合は確定申告が必要になってくるということをしっかりと認識しておくことがとても大切になります。もしも申告し忘れていたなんてことになると税務署から呼び出され、追徴課税がきてしまったなんてことになりかねません。また、損失を出した方も控除等をうけられる場合があるということを認識しておきましょう。

Posted in FX 比較

FXは練習をたくさんして学んでいくのがいい

始めて行う事って分からないことが多くて、学ぶことから始まりますよね?
パソコンにしても料理にしても、本を読みながら学んだり実践したりして少しずつ覚えていくのと同じで、FXもそうなんです。
いきなり取引を行うのではなくて、最初は取引の練習をすることから始めるようにしてみることをオススメします。
今ではデモトレードがありますから、そちらを活用してトレードの練習をしてみるのもいいと思いますよ。


FXは失敗から学べる

練習なら損失を実際に出すことはないので、安心して失敗することが出来ますので大丈夫なんです。
ただ失敗するだけで反省しないのなら無駄ですが、どうして失敗してしまったのか反省することで、学ぶことが出来ます。
FXは慣れるまでが難しく大変なので、たくさん失敗をして少しずつ覚えていくようにしてみるのがいいでしょう。
練習だと利益が少し出しやすくなっているという事を、頭に入れておいてもらえればと思います。


本番で失敗してしまうのはなぜ?

これは初めての人に多く見られることですが、練習であんなに勝っていたのに本番で負けてしまうのはなぜでしょう?
上記でも話しましたが、練習の方は少し勝ちやすくなっているからなんです、他にも気持ちの問題があります。
練習は緊張感が少ないですが、本番のFXは緊張感がありますので、初心者はそれに左右されているのかもしれませんね。
たまには、他の人とやり方を比較してみては?

Posted in FX 比較

FXのレバレッジ規制ってなあに?

FXではてこの原理を利用して、預けている証拠金以上お金を動かすことができます。これをレバレッジと呼んでいて、過去は規制がなかったことから、何百倍ものお金を動かすことができました。日本の金融庁は、このレバレッジで多額の借金を背負う人などが出たことを見て、レバレッジの上限を決める規制に踏み出したそうです。


FXは25倍までと決まった

FXで高いレバレッジをかけることを、ハイレバなどと呼んでいます。最初に投資するお金が少ない人にとって、大きな金額を動かして大きな利益にすることが可能だったハイレバの設定は一部の投資家に大きなダメージを与えたと考える人も多く、今まで大きなリスクがあっても取引を行っていた人には不評だったとも言われています。ただしこれは個人投資家に限った規制となっているため、法人名義で投資をする場合には、対象外となるそうです。また個人投資家でも、日本の口座が規制対象となっていることから、海外に口座を作って高いレバレッジをかけられる口座を比較して選び、お金を動かす人もいると言われています。


ハイリスク、ハイリターンの投資法

通常のレバレッジでは5倍程度などと聞いたことがあるので、200倍などハイレバと呼ばれる数字だと、非常に大きな違いが出ます。しかし、レバレッジが大きいと証拠金以上のマイナスになる可能性も高くなりますし、利益の分、マイナスになるものも大きくなるので、ロスカットなどのリスクヘッジを行い、ハイリスクであることを充分あたまにとどめて取引を行うようにしましょう。

Posted in FX 比較

FXの利益は税金がかかるの?

FXでは一定以上の利益が出ると、税金がかかることとなります。申告分離課税というものがかかるそうです。一律で20.315パーセントがかかります。これは各自で確定申告を行うことになるそうです。多くの場合はFX業者から決済の報告書などをもらって行いますが、3年間は損益通算という、マイナスとプラス分を合算できるそうです。


FXの損益通算ってなに?

FXでは3年間に渡った損益通算ができますが、これは最初の年から3年間で、FXで得た利益と損益を、合わせて計算できるというものです。例えば最初の年に150万円のマイナスで一年間の取引を終えます。翌年に利益が20万円出たとしても、昨年150万円の損をしていますよね?この計算をすると、まだ130万円もマイナスなのです。このように3年間はマイナスが出た分の補てんは課税対象とならないというものです。ただし、翌年に200万円のプラスがあればもちろん50万円分は課税対象です。


決済が終わっていない取引はどうなるの?

FXでは24時間為替が動きますが、まだ決済をしていない、利益を確定していない取引の課税に関しては、口座で大きく変わるそうです。スワップ金利だけに課税される会社、為替の利益とどちらにも課税される会社とありますから、税金のことを視野にいれて口座を比較して選ぶようにしましょう。

Posted in FX 比較

FXのスワップ金利ってなに?

FXは自分が保有してまだ決済を行っていない通貨に対して、一日毎に金利が出ます。この金利のことをスワップ金利やスワップポイントなどと呼んでいるのですが、この金利で儲けを出すという取引方法が人気なのだそうです。


FXの金利ってなんなの?

FXで運用するのは、外貨です。外貨はペアになっていて、ある国の通貨と別の国の通貨になっています。人気の高いものはペアで売られていることもあるそうです。金利差額の儲けは、金利が低い通貨を早くに売り、金利が高い通貨を購入すると、この2つの通貨の金利差額が利益になるという考え方です。各国の通貨の金利パーセンテージの差が利益になると考えたらいいでしょう。一日ごとに、市場のクローズと同時に金利は発生するので365日、差額分の利益が出ると考えます。通常のFX取引と比較すると利益分は少しだけ小さいそうです。


毎日あるから、小さな利益が重なる

金利で利益に結び付ける場合には、ニューヨーク市場のクローズした後になります。たった5秒でもクローズ前に買った通貨には必ず通貨に金利が発生する仕組みとなっていますから、この時間帯を狙う投資家も多いそうです。また日本時間の木曜日の朝まで持ち越したものは、3日分(2日間のお休みを挟む分)のポイントもつくので利益を大きくしやすいと考えられています。

Posted in FX 比較

FX取引の基本を知ろう

FXでは株など少しだけ、取引方法が変わります。株などは銘柄を保有することで資産になりますし、まずは買うことから始めるものだと思います。しかしFXは、売買が1セットとなっているのです。売る値段と買う値段の差額が利益になります。


FXは売ることから始めることもできる

FXと株を比較すると違うことが非常にたくさん出てくるのですが、中でも大きく違うのが、売り買いで1セットという点になるかと思います。FXでは価値の低いときに買う、高いときには売ることで利益を確定するのですが、利益が高いものはまず売る、そして価値が下がったときに買いなおすという方法で利益を算出することもできるのです。


決済方法もたくさんある

FXでは新しい売買を行ったとき、利益を確定させて市場を終了するときに、決済を行います。この方法もレートを指定する方法や、決済の手続き後に利益などがわかる方法など分かれています。現在は自動売買システム(シストレ)を使って取引を行う人も多いため、注文方法、決済方法ともに新しい方法が増加しているそうです。利用する会社や口座などでも変わってくるそうですから、最初の口座選びはしっかりと勉強してから行うといいでしょう。

Posted in FX 比較